サイディング施工

東大阪で外壁塗装の色を決める際のポイント

チョーキング現象

様々な理由から外壁塗装をすることになった時に、決めなくてはならない事の一つが外壁の色です。塗り替える前と同じ色にしても良いですし、全く興味が無いという方は業者に任せてしまっても良いですが、一度塗装したらよほどの事が無ければ10年くらいはそのままになります。適当に決めるとあの色にしておけばよかったと後悔する事もあるので、しっかりと考えて色を決めるようにしましょう。色を決める時のポイントとしては、長期間使用した時に飽きの来ない色で、メンテナンスも楽な色にするのがお勧めです。例えば原色のように明度や彩度の高い色というのは、印象的ですがその分目が疲れやすいですし、飽きもしやすいです。またメンテナンスの点で言えば、黒や白などは汚れが目立つので、頻繁に掃除をしたり塗り替える必要が出てくるでしょう。こうした点を考慮すると、中間色が最適です。実際外壁塗装として人気なのも中間色のグレーやベージュ等なので、これらを外壁塗装の色に使用していれば失敗はありません。東大阪には東大阪の流行というものもありますし、東大阪市の住宅外壁塗装についてのガイドラインというのもあります。ある程度の目安を決めたら専門業者に依頼する時に色の希望についても伝えておきましょう。そうすれば希望に近い色の見本を沢山用意してくれますので、業者の意見も参考にしながら資料の中から好みの色を選ぶようにすれば間違いありません。

東大阪の住宅の外壁塗装は自分でやるより業者に依頼するべき

家の外壁塗装を使用と考えている東大阪在住の方の中には、自分で作業しようと考えておられる方もいるかもしれませんが、外壁塗装は必ず専門業者に依頼するべきです。理由としては外壁塗装が思っているより時間と手間のかかる作業であるという事があります。ただ単に今ある外壁にそのまま新しい塗料を塗るだけなら簡単ですが、実際には一度古い塗料を剥がしてからでないと新しい塗料は塗れません。さらに古い塗料を落としたら下地となる外壁材の小さな傷などを補修して、ひび割れなどはシリコンなどで塞いで防水対策も取る必要があります。それらを終えてようやく塗装になりますが、その際にはまず下地用の塗料を塗った上に、数回塗料を上乗せしてようやく外壁塗装というのは完了します。専門業者であれば数日で終わる作業でも、素人が個人でこれを行った場合には数週間から数か月は見ておく必要があります。当然その間は足場を組んでいる必要があるので邪魔ですし、天気が悪くなれば作業もストップします。業者を利用していた場合にはそうした手間は、当然ですが一切必要ありません。外壁が塗り終わるのを家の中で待っていればいいだけです。さらに言えば塗装の耐久性という点で、業者が塗装したのと素人が塗装したのとでは差が出てしまい、数年で塗り直さなければならなくなるかもしれません、そうした意味からも東大阪で外壁塗装は東大阪の専門業者に依頼するようにしてください。

東大阪の外壁塗装業界でも主流のシリコン系塗料

そんな外壁塗装に使用される塗料の中で、今主流となっているのがシリコン塗料です。東大阪の外壁塗装業者でもシリコン塗料を使っている所も多いので、東大阪でこれから専門業者に依頼して外壁塗装を希望されている方もよくその特徴を把握しておきましょう。元々外壁塗装には塗膜の主成分となる樹脂の種類によって、いくつか種類がありました。その中でも従来一般的だったのはアクリル系とウレタン系です。アクリル系は非常に安価で色の発色が良いのですが、耐久性が低く業者ではあまり用いられる事はありませんでした。一方でDIY用の塗料としては良く用いられていて、以前自分で塗装したという場合にはアクリルの可能性も高いです。一方のウレタン系はアクリルよりも高耐久で、それでいて費用も低めなのでコストパフォーマンスが高い事から従来主流の塗料で、現在の東大阪の業者でもこちらを主に使っている業者もあります。そうした塗料に対してシリコン塗料というのは、耐用年数がさらに高い特徴があります。耐用年数がアクリルが5年ほどでウレタン系が8年ほどとされる中で、シリコン系は10年から15年ほどとだいぶ長くなっています。それでいてウレタンより少し価格帯が上がるだけなので、コスト的にも優秀です。なるべく今現在のコストを抑えたいという場合にはアクリルやウレタンも有効ですが、長い目で見た場合のコストを考えればシリコン系がお勧めと言えます。

東大阪の外壁塗装業者が使う塗料には幾つも種類があります

外壁塗装に使用される塗料にはいくつか種類があることをご存知でしょうか。これから東大阪にある自宅の外壁塗装を、専門業者に依頼して行おうと考えておられる方はそれぞれの特徴を知ったうえで選択しましょう。一般的な戸建ての住宅に使用される塗料としては、アクリルとウレタンにシリコンという三種類の樹脂が一般的です。他の素材と混合される事でさらに複数の種類に分類はわかれますが、基本はこの3つになります。アク…

More Details

東大阪の外壁塗装は事情によって塗装料を選択することが大切

東大阪の住宅の外檄塗装に使用される塗料の成分である樹脂には、アクリル樹脂とウレタン樹脂とシリコン樹脂の三種類が知られています。東大阪の塗装業者であれば、基本的にどこでもこれらの塗料を扱っています。この三種類のうち耐久性はアクリルが最も低くその次がウレタンでシリコンが最も耐久性に優れるのですが、それに比例して値段も上がります。ただ値段が上がっても耐用年数が長いので頻繁に塗り替える必要が無く、ト…

More Details

東大阪のマンションの外壁塗装に最適な塗料とは?

戸建の住宅などでは数年おきに外壁塗装を繰り返すものですが、それはマンションなどの鉄筋コンクリート造りの大型建築物でも同様です。もし外壁塗装が劣化してしまうと外壁が劣化して、雨漏りする事もありますし、場合によっては外壁が剥がれて落下する事故が発生する事もあります。東大阪にマンションを所有しているオーナーさんは外壁の状態にも逐一注意を払って、適切な時期に塗り直しをする必要がある事を心に留めておき…

More Details

特殊な塗料の外壁塗装をするなら東大阪の専門業者を利用しましょう

戸建の住宅はある程度の年数がたったら外壁塗装を塗り替える必要がありますが、せっかく塗り替えるなら塗料にこだわってみるのも一つの手です。外壁塗装に使われる塗料の中には通常の塗料よりも高性能な塗料というものがあります。たとえばマンションなどで使用されるフッ素樹脂塗料は耐久性が高く防汚性も高い塗料です。また最近では無機塗料という樹脂ではなく無機物を主成分にした塗料もあって、現在一般的に使用される外…

More Details

NEW POST

2020年05月12日
特殊な塗料の外壁塗装をするなら東大阪の専門業者を利用しましょうを更新しました。
2020年05月12日
東大阪のマンションの外壁塗装に最適な塗料とは?を更新しました。
2020年05月12日
東大阪の外壁塗装は事情によって塗装料を選択することが大切を更新しました。
2020年05月12日
東大阪の外壁塗装業者が使う塗料には幾つも種類がありますを更新しました。
TOP